夏服!男の30代で、スポーツブランドは体型を選ぶ≪着こなし術≫

2015夏服メンズ!30代メンズファッション通販のコーデをみてみる

 

 

夏服!男の30代で、スポーツブランドは体型を選ぶ≪着こなし術≫

 

夏服!男の30代で、私は基本的にアウトドアブランドやスポーツブランドの服、カジュアルな装いが好きです。男の人がびしっとした服装をしているのも良いですが、プライベートではラフなこういう服装をしているのは歓迎なのですが。ところが、30代になると体型が変化してきますよね?アウトドアブランドは衣類の素材や造りがしっかりできているので、わりと体型を目立たせないというか、どういう体型の人が来ても似合うことが多いのですが、スポーツブランドの服はサイズ感を間違うと学校の体育の先生のようないでたちになってしまうので注意が必要です。

 

例えば、男の30代で、ポロシャツやラガーシャツ。カンタベリーというラグビーのブランドがありますが、ものだけみているとラガーシャツなどは普段使いにも最適なデザインのものがたくさん販売されています。そして、こういったものはダボダボを着るのではなくて、ほどほど体型に合ったタイトなものを着ないとカッコ良くなかったりするのですが。問題は30代で出てきたお腹周りです。ラガーシャツなどは、太った人にも似あいやすいアイテムなのですが、さすがにお腹がはちきれんばかりにピタピタだと見ていてカッコ悪いですよね。同じく、ポロシャツもなるべく体型にフィットしたものを着ている方がかっこいいのですが、これまたお腹周りがピチピチだと、一気に親父感が漂います。あと夏服は、色も関係するかと思います。

 

30代でもスレンダー体型の人なら、夏服で淡い色合い、ピンクとか黄緑とか着ていて、下にショートパンツなどでも可愛げのあるスタイルでカッコイイと思うのですが、太っている人が淡い色のラガーシャツやポロシャツを着ると、社会の先生か体育の先生にしか見えません。親父太りしてきたと自覚している人は、ネイビーとブラックとか、なるべく濃い色合いのもの、もしくは、ネイビー×イエローのボーダーなど、メリハリの効いた色合いのものをチョイスして着用してほしいと思います。男性の夏服は清潔感が非常に重要です。

 

第一印象が抜群!清潔感ある服装ができるスプートニクスをみてみる