社会人メンズコーデ@TPOをわきまえている服装をちゃんと持ってる?

社会人メンズコーデをもっとみてみる

 

 

社会人メンズコーデ@TPOをわきまえている服装をちゃんと持ってる?

 

私が30代という、社会的には多少落ち着きのあるとみられている、若者と大人の間にいるような微妙な世代の男性とお会いするたび、服装の部分でこだわりというか、気にしてる箇所があります。それは「靴下の色と靴の種類」。この2点は地味な部分だし、服装全体の中でもちょっと目に入りにくいところかもしれませんが、なんとなく見た感じの印象がしまらないと思うとき、だいたいこの足元のファッションがおろそかになっている場合が多いです。ダサいと思われる靴の代表格はいわゆるハイテクスニーカーと言われるような「運動靴」です。決して運動靴自体がダサいわけではありません。歩きやすいし、丈夫で、デザインも格好良いものも多くあります。ただ社会人メンズコーデ、いい大人が日常的に履き続けるのはどうかと思います。スポーツをするときや、アウトドアなど、TPOを使い分けて履いていれば、当然おしゃれにも見えるのですが、ジャケット、スラックス、運動靴。ダサいです。なんというか、足元に全然気を使ってない感がダサいのです。上半身、ズボンとがんばっているのに...惜しい!と、そこで残念に思います。せめてコンバースやニューバランスなどの、カジュアルに履ける街用のスニーカーであれば...と思います。

 

あと社会人メンズコーデ、靴下の色も問題です。真っ白い靴下は、完全にダサいと私は思っています。そこも靴と同じく、ファッションとしての意識の範囲外にあるところが残念でなりません。学生じゃあるまいし、真っ白な靴下ひとつで他のせっかくの服装が台無し...とまではいいませんが、なんとなく大人なカジュアルになりきれなくなっている印象になります。足元って、あんまり意識されて無いようで、意外と全体の印象を決める重要な要素の一つのような気がします。20代の頃は、靴を複数所有するなんて、懐具合的にも難しかったかもしれませんが、30代の大人になれば、外出する時のTPOに合わせた靴を何種類か持っておいて使い分けたり、靴下も数種類用意しておいて色にも少し気を配ってみたりするだけでも、自分が思っているよりグッと印象がよくなるかもしれません。結局、30代の社会人メンズコーデ「自分はTPOをわきまえていて、そのTPOに対応する服装をちゃんと持ってる」と主張できることかもしれませんね。

 

第一印象が抜群!清潔感ある服装ができるスプートニクスをみてみる