モテ夏服メンズ!30代になれば気遣いを…ダサい男になるな!

2017夏服メンズ!30代メンズファッション通販のコーデをみてみる

 

 

モテ夏服メンズ!30代になればファッションにも気遣いを…ダサい男になるな!

 

モテ夏服メンズ!30代といえば、男が一番輝いて見える時期ではないか。20代では若すぎて未熟だし、40代となると人生の明暗の分岐点にさしかかる時期。そうすれば30代の男性が人生のチャンスをつかむ大切な時期なのかも知れない。だとすれば、まずは姿・形にも気を遣うことが求められる。ファッションセンスを最も磨いておかなければならない時期なのである。

 

ところが、街中で見かける30代とおぼしき男性の中には、目を覆いたくなるような「ダサさ」満載モテ夏服メンズファッションの男たちを見かける。私が最も忌み嫌うのは、せっかくそれなりのブランドのパンツやアウターを身につけているのに、パンツの丈が妙に短い男。その下にスニーカーなどを履いているともう最悪である。まるで東北地方の片田舎から、夜行列車で上京した青年の風体である。チェック柄のシャツにパンツ、鞄までチェックという強者まで存在しているのが現実だ。

 

モテ夏服メンズコーデで、まずは「ズボンの丈の長さにきをつける」ということだ。次に、ダサさを感じる30代メンズファッションとして、若づくり過ぎるアイテムの着用である。原色を施したTシャツやパンツなどは、20代までで卒業しないといけない。30代でこのようなリオのカーニバルのような色使いのものを着用すれば、30代の男としては、なにをかいわんやである。渋谷の小僧と同程度、との評価になるだろう。よって「原色からパステルカラーへの転換」が、30代男性の嗜みということになろう。さらに街で見かける最悪ファッションに、色あせたジーンズを着用している30代男性が上げられる。これも20代までか、ミュージシャンなどの業界人までしか通用しない。色あせたジーンズの30代男性は、ジーンズ同様に人間そのものまで色あせたかのような、不潔な印象を与えるだけだ。

 

最後に、どうしようもない30代男のファッションの典型。モテ夏服メンズからは程遠く地味すぎということ。まるで自治会長さんたちの会合にいくような、高齢者テイストのファッションを身にまとっている30代男。君には青春時代はほんとにあったのか、と問いたくなる。ということで、最後は「地味すぎてはだめ」。ダサい30代男性にならぬよう健闘を祈りたい。

 

第一印象が抜群!清潔感ある服装ができるスプートニクスをみてみる