30代秋冬コーデの着こなし方@間違えるとダサイ!の根本を暴露

30代秋冬コーデの着こなし方をみてみる

 

 

30代秋冬コーデの着こなし方@間違えるとダサイ!の根本を暴露

 

女性の中で流行っている、トップスの前裾をボトムに入れて脚長効果をだすファッション。脚長効果を狙い、敢えて裾を入れてみるというのはオシャレだと思う。しかし、30代の男性が脚長効果を狙ったわけでもなく、前も後ろも、Tシャツ裾をボトムの中に入れている人に出会ったことがある。顔はそこそこイケメンだったのに、日曜日のお父さんを思わせるような出で立ちだった。しかし、彼は独身なのである。これが30代秋冬コーデの着こなし方、仕事中であれば身だしなみがスッキリしていて、好感が持てると思った。30代秋冬コーデの着こなし方としてTシャツを、ボトムに入れてもいいと思う。

 

20代の男性でも裾を入れて、オシャレなベルトをちょい見せさせて、スタイルよく見せている人もいる。街のオシャレ男子と違っていた点、まずTシャツのセレクトだ!見ようによっては、下着と間違えてしまうかもしれない、無地の白いTシャツ次にボトムだ色が残念!ベージュのチノパンだったコーディネートを間違えると、一気に日曜日のお父さんに早変わりしてしまう最後にベルトここまでくると期待を裏切らない!オシャレでも何でもない、普通の茶色の皮ベルトであったもし、彼がTシャツ等にこだわりを持っていたら、少しはオシャレに見えるのか?答えは、NO!だと思う。どんなに、オシャレなTシャツ、ボトムを身に付けても、裾を全部入れる時点で、オシャレではなくなるのだ。着るものにはこだわっていますよ!の、日曜日のお父さんレベルまで昇格することはできるだろう。

 

しかし30代秋冬コーデの着こなし方、少し手を加えるだけでダサイ!から抜け出せることができるのだ。私は、白いTシャツを着た男性が好きだ。しかし30代秋冬コーデの着こなし方として、白なら何でもいいわけじゃない。無地でもいい!ワンポイント入っていたり、かっこいい飾りポケットがついていたり、高級な生地を使用していたり何か、こだわりが詰まってくれればいい。デザインはシンプルでも、着こなしがオシャレだったら、ダサイ!とは言われないはずだ。

 

第一印象が抜群!清潔感ある服装ができるスプートニクスをみてみる