おしゃれ夏服メンズ?大自然から都会への転身に失敗した男性の話

2015夏服メンズ!30代メンズファッション通販のコーデをみてみる

 

 

おしゃれ夏服メンズ?大自然から都会への転身に失敗した男性の話

 

以前、私はアウトドアを楽しむ社会人サークルに加入していました。その中に一人、いいなと思う男性がいました。彼は日ごろ都内の商社で働いているという男性でした。サークルはアウトドアを満喫するため、彼を見かけるのはいつも森や川といった自然の中なので、そういった場にふさわしいアウトドアファッションの彼しか見かけたことはありませんでした。彼はサークルのみならず、アウトドアに関することに長けており、火起こしやテント設営、川魚の釣り方など、多種にわたりインストラクターのようなポジションでもありました。いつも優しく温厚な彼に、私のみならず「いいな」と思う女子は少なからずいたようです。縁あって彼と一度二人で食事に行く機会に恵まれました。場所は都内の有名なカフェでランチ。

 

二人で会うという機会だからと言って、あまり気負いもしないようにと思い私も特にファッションに力を入れることはせず、アウトドア好きの方が好んでくれそうなデニムスタイルで待ち合わせに向かいました。おそらく彼も同じような雰囲気であろうと思い待っていると、ジャカジャカと音を鳴らしながら大きなサングラスの男性が私に近づいてきました。「え」、私は思わず声を漏らしそうになりましたが、「こんにちは」と押し殺したような声で挨拶をすませると、「じゃあ行こうっか」と彼が私の前を歩き始めました。 「…ないわ」百年とまではいかなかったけど、半年分くらいあった私の小さな恋心は瞬時に冷めました。おしゃれ夏服メンズ?

 

彼なりの、、おしゃれ夏服メンズコーディネートで薄いブルーのデニムジーンズ(両膝にダメージ加工)、白のタンクトップ、シルバー素材と思われる大きな鷲モチーフのネックレス、プロレスラーの人を思わせる大きなチェーンのネックレス(鷲と重ねづけ)、龍をあしらったデザインの指輪、その他指輪数点、黒の大きなサングラス、民族調のレザーベルト。とても残念でした。川沿いにいるアウトドアスタイルの彼は何処へ。ちなみに待ち合わせ場所に現れた際のジャカジャカという音は、重ねづけされたネックレス同士がぶつかりあって鳴っていたようです。「ファッションは自由」とだけ自分に言い聞かせてメロンジュースを飲んできました。ちなみに足元はナイキのシンプルなスニーカーでした。おしゃれ夏服メンズシューズだけを見て少しほっとし、なんとかその日を終えました。せめて首にかかった複数の金属から、彼を解放してあげたかった。

 

第一印象が抜群!清潔感ある服装ができるスプートニクスをみてみる